企業理念

人を活かすステージ。
それが私たちの企業スタイルです。

技術の会社として、社会にどう貢献していくか。
それは社会の中で、成熟した企業であること。
だから優秀な人材が満足して仕事ができる企業でありたいと考えます。
私たちが目指す次のステージは、人と人がより良く生きる社会です。

働く社員がしあわせであること。
今までも、そしてこれからも。それがアート・システムの掲げる理想像。

鈴木博幸

代表取締役社長 鈴木博幸

企業として、さらなる成熟を目指していきます。

かつてコンピュータ・システム系の企業は、新しい分野の企業として、いかに成長するか、走り続けるかを競い合う業界でした。もちろん企業として顧客に高く評価され、結果として業績が上がることは喜ばしいことです。しかし一方で、雇用体制や社会貢献など、企業として当たり前の責任が、それほど重視されてこなかったのではないでしょうか。
今やコンピュータ・システムは生活のあらゆるシーンに関係し、IT 化はどんなビジネスでも必須の戦略ポイントとなる時代です。よい意味で情報技術が特別なものではなく、社会のインフラとなりつつあります。だからこそ私たちは、社会の中で企業として、より成熟していくべきだと考えます。社会と深くコミュニケートしていくことで、役立つ技術を責任をもってしっかり提供していく企業こそが、これからの社会に貢献できるのだと。

人が伸びることを、ずっとサポートいたします。

当社は「定年退職」まで安心して勤め上げることができる企業を目指します。
ちょっと古くさく、保守的に聞こえるかもしれませんが、システム業界の企業としてはかえって新鮮かもしれません。これは責任を持って社員を雇用する企業としては当たり前のこと。そもそも我々の会社は人が一番の財産。社員が安心して、チャレンジできる環境をつくらなければ、企業に未来はありません。
経験を重ねベテランになった技術者が、社会の中でどう活躍していくか、期待を持ってサポートしていきたいと考えています。

独自の評価制度が新たな価値を生み出します

技術の会社でありながら、社員評価に「技術評価」の項目がないといったら驚かれるでしょうか?当社の評価は、「会社は人で成り立っている」という考えに基づき、まず人間性を重視しています。高度な技術ももちろん大事ですが、お客様のニーズを踏まえた最適な提案には、コンサルティング能力、つまり問題を導き出すためのコミュニケーションスキルが求められるからです。また、変化を恐れず、新しい技術、知識をどん欲に自分のスキルにしていこうという積極性も重視しています。技術は守るものではなく、刷新しながら育てていくもの。旧来の技術に固執するのではなく、世の中の流れを素早くつかみ、新しい技術に対応できることが大切です。社員一人ひとりが誠実に、そして謙虚な気持ちを持って、自分の将来に対し前向きな意識でチャレンジし続ける、そういう企業でありたいと願っています。

企業の規模より、質を目指すということ

当社は企業としてのスケールアップより、スキルアップを目指します。規模より、品質。顧客の満足度を高めることを何より目指します。また時代を切り拓く、新分野へも積極的なアプローチをしていきたいと考えています。情報技術が生活のインフラとして定着しつつある今、あらゆるシーンに、我々の技術と経験が活かせるはずです。特に「教育」の分野には、信念を持って取り組んでいきたいと考えています。
その第一歩が「みんなのえほん」です。可能性を探りながら、ノウハウを蓄積し、花開く日は目前に迫っています。